肘を痛めると、肩を痛めるリスクが高まります

「肘の痛みから引き起こされる肩の痛み」についてご紹介します。

肘の動きが悪くなる(関節可動域が小さくなる)と、その代償として肩関節の運動が増大するという報告があります。

*代償:本来使うべき体の部位にトラブルがある時に、別の部位が代わりに その役目を果たしていることをいいます。

肘の関節に運動制限があると、肩関節を過剰に使い 肩を痛める可能性が高まります。

肘を痛めているクライアントさんについては、肩も同時進行で慎重に評価するように心がけています。


文献:Cooper JE , Shweddyk E , Quanbury AO , et al . : Elbow joint restrictions : effect on functional upper limb motion during performance of three feeding activities . Arch Phys Med Rehabil 1993 ; 74 : 805-808

オスグッドについて

オスグッドについてご紹介します。

オスグッド(オスグッド・シュラッター病)は、スポーツをしている思春期のお子さんに多くみられる膝下の痛みで、成長痛と呼ばれることもあります。

男子サッカー選手240例(11~13歳)を対象にした研究によると、オスグッドを発症している選手は、大腿四頭筋柔軟性の低下(太もも前)、等速性膝屈曲筋力の低下(太もも後ろ)が見られると報告されています。

私のオフィスでは、上記の現象が起こる原因を膝関節にかかる負荷(膝関節伸展モーメント)の増大と考え対処します。

膝関節の負荷(伸展モーメント)を減らして、股関節の負荷(伸展モーメント)を増大する事を目的に、ハムストリングスや腹腔内圧上昇筋などのエクササイズを行って、膝関節にかかる負荷を減らしていきます。


文献:鈴木英一 , 齋藤知行 , 森下信 : Osgood-Schlatter病の診断と治療 . Osgood-schlatter病の成因と治療.予防 , 身体特性と成長過程の観点から . 臨床スポーツ医学 , 23 : 1035-1043 , 2006 .

足の長さの違い

脚の長さの違いについてご紹介します。

脚の長さの左右差を比較する場合、簡易的には腹臥位(うつぶせ)で、踵(カカト)の位置や踝(クルブシ)の左右差を見て判断します。

より正確に測定する場合は、ASIS(上前腸骨棘:骨盤にあるランドマーク)と踝の距離を測定して左右比較を行います。

機能的な脚の長さの違いは、歩き方や静止立位など全身に影響を及ぼします。

機能的脚長差を生じる因子は、骨盤の状態、仙腸関節の状態、股関節・膝関節の屈曲度・回旋の左右差、足関節の屈曲度・回内、回外など 複数あります。

当オフィスでは、脚の長さの違いを確認後、どの関節・筋肉が原因になっているのかを検査で判断して機能的な脚長差の改善を目指します。


文献:Magee DJ : Orthopedic Physical Therapy . Philadelphia : WB Saunders , 1997 .

肘痛予防のストレッチ(野球)

野球選手の肘痛予防についてご紹介します。

15~37歳の野球選手29名を対象にした研究において、肘関節内側側副靭帯の機能不全とGIRDとの関連性が報告されています。

GIRDとは : glenohumeral internal rotation deficit(肩甲上腕関節内旋制限)

肩甲上腕関節内旋とは : 上腕を下垂(腕を自然に垂らした状態)で、親指が外側から内側に向く様に捻ることです。

肩を内側に捻る関節可動域が充分でないと 肘を痛めやすくなるという研究結果です。

肘痛予防にアームアクロスチェスト・ストレッチなど肩関節後部のストレッチを行いましょう。

アームアクロスチェスト・ストレッチとは : 一般的で簡単なストレッチです。肘を逆側の手で掴んで、反対側の肩に引き付けます。具体的には検索してみてください。


文献:Dines JS , Frank JB , and Yocum LA . Glenohumeral internal rotation deficits in baseball players with ulnar collateral ligament insufficiency . Am J Sports Med 37 : 566-570, 2009 .

抗重力筋について

抗重力筋についてご紹介します。

人間は重力の影響を受け続けていますので、重力に対抗する力を発生しないと立っている事ができません。

立位姿勢を保つために働く筋肉を抗重力筋と呼んでいます。

そもそも姿勢の成り立ちは、重力への適応ととらえることが出来ます。

代表的な抗重力筋は、長母指屈筋、母指外転筋、ヒラメ筋、腓腹筋、大腿二頭筋、大臀筋、小殿筋、腸腰筋、脊柱起立筋、外腹斜筋、僧帽筋、胸鎖乳突筋などです。

ここで挙げた筋肉は、主に背面の筋肉になります。

多くの場合、直立姿勢における各関節は、筋肉の作用がないと体が前方に倒れるように配列されています。

姿勢を保つためには、背面の筋を使って前方に倒れようとする体を引っ張っている必要があります。

この姿勢維持の方式は、片張り綱方式と呼ばれることがあります。


文献:Asmussen , E . : The weight-carrying function of the human spine . Acta Orthop . Scandinav . , 29 : 276-290 , 1960 .

overuseについて

overuseについてご紹介します。

スポーツの現場でも よく起こるトラブルで、使いすぎ症候群と言われることもあります。

スポーツ動作のように同様の動作を繰り返し行う事で、特定の部位に負担がかかり様々なトラブルを起こしてしまう状態です。

使いすぎで起こるトラブルですので、スポーツを休むことも重要な選択肢の一つになります。

当オフィスでは、関節周囲の筋バランスを改善する事を重視しています。

overuseによって痛む筋肉は、多くの場合、浅層(体表に近い)のよく動く筋肉に起こります。

関節を安定化させている深層の筋肉と、よく動く浅層の筋肉の筋バランスを改善する事で、部分的に集中している力を分散させることを目的にアプローチします。


文献:黒田善雄ほか編 : 臨床スポーツ医学5 . スポーツ医学基本用語ゼミナール . 臨時増刊号 : 46-47 , 1988.

骨盤の最適位置

骨盤の最適位置(側方から見て)についてご紹介します。

骨盤の状態を側方から見て、前傾・後傾など骨盤の位置変化を判断します。

骨盤の理想的な位置(側方)を判断する場合、骨盤にある指標を使って判断します。

理想的な位置は、恥骨結合-上前腸骨棘が垂直で、下前腸骨棘-下後腸骨棘が水平とされています。

この見方は、レントゲンでないと見ることが出来ないので、私達トレーナーは身体の外側から判断できる上前腸骨棘-上後腸骨棘を指標にして判断しています。

この場合の理想は、上前腸骨棘より上後腸骨棘が、2~3指分高い状態を基準としています。


文献:Williams and Worthingham , C : Therapeutic Exercise for Body Alignment and Function , ed2 . WB Saunders , Philadelphia , 1977 .

ハムストリングスの損傷リスク

ハムストリングス(太もも裏)の損傷リスクについてご紹介します。

ハムストリングスは、一度痛めると再発率が高く スポーツへの復帰を難しくします。

ハムストリングス損傷リスクを高める因子の一つに、大腿四頭筋(太もも前)の柔軟性低下があるという報告があります。

ハムストリングスの損傷予防の為には、ハムストリングスだけではなく、大腿四頭筋のストレッチも しっかりやりましょう!


文献:Gabbe , BJ , Bennell KL , Finch CF , Wajswelner H , and Orchard JW , Predictors of hamstring injury at the elite level of Australian football.Scand J Med Sci Sports16 : 7-13 , 2006

加齢による背中の曲がり

加齢による背中の曲がりは、まず胸椎の後弯変形が最初に起こり、

*背中の上の方が、最初に曲がり始めます。

その後、後弯(曲がっている)範囲が上下に広がり、曲がりの頂点が徐々に下(腰の方)へ移動していくという経過を辿ることが報告されています。

背中の上の方が曲がり出したら要注意です。

早目に専門機関に相談しましょう!


文献:勝田治巳ほか:老人の姿勢と体幹機能 . PTジャーナル,25(2) : 82-87,1991.

股関節が腰痛の原因になる事があります

股関節の可動域が狭い方は、その動きを補うために、骨盤や腰椎を過剰に動かしてしまう可能性があります。

股関節の動きを必要とする動作(歩行、立ち上がり動作、しゃがみこみ動作など)で骨盤・腰椎の代償動作を繰り返すと慢性的な腰痛を引き起こす事があります。


文献:Gombatto SP,Collins DR ,Sahrmann SA, et al.:Gender differences in pattern of hip and lumbopelvic rotation in people with low back pain.Clin Biomech 2006;21:263-271.

骨盤の自由度

私達は、3次元(縦・横・高さの3つの座標で表せる)空間にいます。

骨盤の空間上での位置を表現するためには、縦軸(垂直軸)、横軸(水平軸)、矢状軸、3つの軸から考える方法が不可欠です。

骨盤は様々な歪み方をします。

☆軸を中心に回転(前傾など)3自由度(三つの軸)

☆軸上を移動する並進(前方移動など)3自由度

合計6自由度あります。

更に、仙腸関節での変化(腸骨前傾・後傾など)があります。

これらの変化が複合的に起こりますので、複雑な変化を起こします。


文献:Dvir Z: Clinical Biomechanics . Philadelphia: Churchill Livingstone,2000

膝を立てて腹筋運動をすると腰の負担が減る!は誤解

足を伸ばして(股関節伸展・膝関節伸展)腹筋運動を行うより、膝を立てて(股関節屈曲・膝関節屈曲)腹筋運動を行った方が 腰の負担が減る。

これは誤解です。

膝を立てる(股関節屈曲)ことで、股関節屈筋が緩み その作用が小さくなり、腰への負担が減る という考えがベースになっていると思われます。

しかし、腹筋運動における体幹拳上で 膝を立てていても、股関節は屈曲しますので股関節屈筋は働き、腰への負担に大きな違いはありません。


文献:McGill SM:The mechanics of torso flexion:situps and standing dynamic flexion manoeuvres.Clin Biomech 1995;10:184-192

骨盤前傾・後傾の見極め方

立位にて骨盤を側方から観察する。

ASIS(上前腸骨棘)よりPSIS(上後腸骨棘)が2~3横指分高い状態をノーマルとする。

ノーマルよりPSISが高い場合を前傾、ASISが高い場合を後傾とする。


文献:Gajdosik R, et al : Pelvic test. Physical Therapy,65 : 169-174,1985

腸腰筋について

腸腰筋は、2つの筋肉(大腰筋・腸骨筋)の総称です。

両方の筋肉とも、股関節(足の付け根)の前を通っています。

大腰筋は、腰の骨 と 太もも前側 を結んでいます。

腸骨筋は、骨盤 と 太もも前側 を結んでいます。

両方の筋肉とも、股関節の屈曲動作(足の付け根が曲がる動作:もも上げ 前屈)に関与しています。


**もっと詳しく** *

腸骨筋

 起始: 腸骨上縁・内面   

 停止: 大腰筋との共同腱によって大腿骨小転子、大腰筋内側

大腰筋 

 起始: 第12胸椎から第4腰椎の椎体・肋骨突起、第1~第5腰椎肋骨突起

 停止: 腸骨筋と共同腱によって大腿骨小転子


*関与する動き 股関節の屈曲(前屈)動作に関与しています。


【三重県伊勢市】姿勢工房ストレッチングオフィス代表のblog

姿勢とは【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (火, 17 10月 2017)
「ネコ背とは、こういうものです。」という説明はしやすいですが、「姿勢とは○○です。」と説明するのは難しいです。   姿勢とは、「身体各部位の相対的位置関係」のことです。   頭部と体幹の位置関係・骨盤と下肢の位置関係など 身体各部位の相対的位置関係を合成したものが「姿勢」です。
>> 続きを読む

腰椎の数と腰痛の関連性【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (火, 17 10月 2017)
仙椎は成長と共に融合し仙骨になります。   腰椎は5つの人が多いのですが、仙椎の融合状況によって、6つ【第1仙椎の腰椎化lumbarization】や4つ【第5腰椎の仙骨化sacralization】の人がいます。   腰椎の数【4,5,6】と腰痛の関連性は低いとされています。
>> 続きを読む

腰椎について【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (火, 17 10月 2017)
腰椎は、5つの骨【上からL1~L5】で構成されています。 腰椎の一番下にあるL5は仙骨へと続いていきます。 仙骨は、もともと5つの仙椎で構成されていて成長と共に一つの骨に融合し、逆三角形の仙骨となります。 仙椎の融合は、5歳くらいに始まって、18~25年程度続くと言われています。
>> 続きを読む

加齢に伴う背中の曲がり【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (月, 16 10月 2017)
年齢と共に背中が曲がり、前後バランスが悪くなると、足関節の可動域制限で立位を安定化します。 このケースでは、足関節が硬い事は異常ではありません。 足関節は姿勢の前後バランスを安定にするため、必要があって制限を作っていますので、ストレッチで柔かくすると立位が不安定になって危険です。
>> 続きを読む

足首が硬い【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (月, 16 10月 2017)
年令と共に背骨が後弯する【背中が曲がる】方がいます。   脊柱が後弯すると、姿勢の重心が移動し、前後のバランスが悪くなります。 悪くなった前後バランスを安定させるためには、足関節【足首】の可動域を制限【関節が動く範囲を小さく】して立位を安定させる必要がありますので、足首が固くなります。
>> 続きを読む

頭部の前後方向の位置【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (月, 16 10月 2017)
頭部の前後方向の位置は、主に肩甲挙筋と椎前筋群が拮抗してバランスをとっています【首の前と後ろにある筋肉でバランスをとって、頭が前や後ろに行き過ぎないように調節しています】。   頭が前に出ている場合は、肩甲挙筋と椎前筋のストレッチとエクササイズの組み合わせで改善を目指します。
>> 続きを読む

肩甲骨内側の痛みやコリ【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (月, 16 10月 2017)
肩甲骨内側上部の痛みやコリでお悩みの方へ。 頭部が前方移動している方は、肩甲挙筋【肩甲骨を回旋、固定する筋肉】が過伸展し、筋の付着部を刺激している可能性があります。 筋肉の過伸展が原因なので、痛みコリを感じる肩甲骨周辺をストレッチすると逆効果です。   頭部の前方移動を改善しましょう。
>> 続きを読む

ストレッチ部位の選択【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (月, 16 10月 2017)
コリや痛みを感じる部位、固い部位をストレッチしようと考えがちですが、コリや痛みは筋肉の過伸展【伸ばされ過ぎ】によって起こる事が、意外に多くあります。   この様なケースでは、部位を間違えると悪化する可能性が高いので、コリや痛みがある方は専門家に相談してストレッチ部位を決めましょう。
>> 続きを読む

前屈を柔らかくする為には【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (月, 16 10月 2017)
前屈は、まず腰椎が屈曲し、続いて骨盤が前方回旋【前傾】します。 骨盤の前傾は、ハムストリングス【太もも裏の筋肉】が緊張する事で制限され、身体の前屈がストップします。 ハムストリングスを しっかりストレッチすると、骨盤の前方回旋が確保され、前屈が柔らかくなります。
>> 続きを読む

ハムストリングスの硬さが原因の腰痛【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (土, 14 10月 2017)
ハムストリングス【太もも裏】が固いと、前屈時に骨盤の前傾が充分に行えません。 この不足分は、腰椎を過剰に屈曲する事で代償するので、腰椎の損傷リスクを高める可能性があります。 ハムストリングスのストレッチを行って、骨盤の前方回旋が充分できる状態を維持する事で腰の負担を軽減できます。
>> 続きを読む