正しい立ち方で身体の安定度UP【姿勢改善SKストレッチ】


【立ち方の意識を変えて姿勢バランスを改善しよう】


◆「身体が不安定で転びやすい」

◆「スポーツをしていてバランスが悪い」 

◆「踏ん張る力が弱い」   

◆「猫背で前後バランスが悪い」

 ・・・などは、立ち方の意識を変えると改善できる場合があります。

 

上記のような自覚症状が無くても、立ち方の意識が悪いと膝や股関節に影響が出る事があります。

そこで、今回は立ち方の意識を変えて身体を安定させる方法です。

 

姿勢改善SKストレッチ教室では、各個人の姿勢の状態を分析して原因を特定しストレッチしていきますが、ホームページ上では姿勢を分析することは出来ませんので、上記不調の原因として最も多いと思われる骨盤後傾タイプの立ち方改善法ををご紹介します。

 


ストレッチ前チェック

◆肩幅に足を開いて立ち、リラックスした状態で前後左右から人に軽く押してもらって普段の安定度を確認します。

 

レッツトライ

①脚を肩幅に開き立ちます。

②両膝を曲げて手を膝に置き、上半身は少し前屈みに。

 この時、お尻を後ろへ突き出して、腰が前に反る様にして下さい。

③膝に置いた手を、太ももの上の方へ少しずつ上げながら上半身を起こしていきます。

(お尻を突き出して腰が前に反っている状態をキープしたまま行います)

④まっすぐ上に立ち上がりながら膝を伸ばしていきます。

⑤肩の力を抜きます。

 

ストレッチ後チェック

◆そのままの姿勢で再度軽く前後左右から押してもらいます。

最初と比べ身体が安定して来たと思います。

一度で効果が維持できるのですが、身体がこの良い姿勢を覚えるまで、一日が始まる朝一番や、悪い姿勢(腰を丸めてソファーに座っていた時等)の後は立ち上がる時などに、この形で立ち上がるようにすると常に良い状態が維持できると思います。


姿勢改善SKストレッチは、姿勢工房オリジナルのセルフストレッチです。

全ての姿勢改善SKストレッチ教室で、辻出美香本人が直接姿勢を分析しストレッチ指導させて頂きます。

 

ホームページ上では、一人一人の姿勢の状態を分析することは出来ませんので、誰がおこなっても効果が出る安全なストレッチ方法を紹介させていただきます。

このページが皆様の姿勢の健康維持にお役にたてれば幸いです。

 

ストレッチの注意点

○ストレッチは、無理のない範囲で行ってください。

○ストレッチ中、関節や筋肉が痛む場合には無理に行わないように注意してください。

○医師の指示で制限を受けている方は、その指示にしたがってください