家庭でできるストレッチ


ホームページ上では、一人一人の姿勢の状態を分析することは出来ませんので、誰がおこなっても効果が出る安全なストレッチ方法を紹介させていただきます。

このページが皆様の姿勢の健康維持にお役にたてれば幸いです。

 

ストレッチの注意点

○ストレッチは、無理のない範囲で行ってください。

○ストレッチ中、関節や筋肉が痛む場合は無理に行わないように注意してください。

○医師の指示で制限を受けている方は、その指示にしたがってください


 

以下、作成予定の項目です

 

○こむら返りの予防ストレッチ

○脛の筋肉をストレッチ

○下肢のエクササイズ

○大腿四頭筋のストレッチ

○骨盤のゆがみ改善のストレッチ

○脚の長さの違いを改善

○肩・肩甲骨周囲のストレッチ

○顔の歪み改善のストレッチ

○歪みを確認・改善し、良い姿勢を取り戻そう

○骨盤後傾タイプ改善

○骨盤前傾(猫背)タイプ改善

○骨盤後傾(フラットバック)タイプ改善

○骨盤後傾(スウェイバック)タイプ改善

○骨盤側方移動タイプ改善