前屈を柔らかくするストレッチ【姿勢改善SKストレッチ】


前屈が硬いか、柔らかいか を決定する因子にはいくつかの要素があります。

 

このページでは、前屈が硬い人の原因として最も多いと思われるハムストリングス(太もも裏)と下腿三頭筋(ふくらはぎ)のストレッチ法をご紹介します。 

 

脚の後ろ側の筋肉をしっかりストレッチして身体の柔軟性を取り戻しましょう!!

この筋肉は脚の曲げ伸ばし、走ったり跳んだりの衝撃吸収にも関わる大切な筋肉ですので柔軟性を高めると色々なメリットがありますよ♪

 

ストレッチ前チェック

◆まずは立位でどこまで前屈できるか?

 前屈の距離(指先と床までの距離)を計っておきます。

 

レッツトライ《 1 》

①上向きに寝ます。

②まず片膝を立て、その膝の間に両手を差し込み胸の方へ引き寄せます。

③ ②と太ももの位置はそのままで、膝を伸ばしていきます。

④ギリギリまで伸ばしていくと脚の後ろ側が張って来るのを感じると思います。脚がプルプルする感じがある場合も多いです。ここで10秒キープ。

⑤伸ばした膝を戻します。

⑥再度手が緩んでいないか胸の方へ引き寄せて膝を伸ばしていきます。

⑦これを3~4回繰り返します。 

 *反対側の足も同様に行います。

 

レッツトライ《 2 》

①立位で足を前後に開きます。(後ろの足の踵が浮く位の幅。)

②前の足の膝を曲げ、後ろの膝は伸ばし、踵が床に着く様にストレッチ。

③脚の後ろ側が伸びているのを感じましょう。

④10秒を3~4回繰り返します。 *対側の足も同様に行います。

 

ストレッチ後チェック 

◆再び立位で前屈の距離(指先と床までの距離)を計りましょう。

 最初に計ったより指先が床に近づいたと思います。


姿勢改善SKストレッチは、姿勢工房オリジナルのセルフストレッチです。

全ての姿勢改善SKストレッチ教室で、辻出美香本人が直接姿勢を分析しストレッチ指導させて頂きます。

 

ホームページ上では、一人一人の姿勢の状態を分析することは出来ませんので、誰がおこなっても効果が出る安全なストレッチ方法を紹介させていただきます。

このページが皆様の姿勢の健康維持にお役にたてれば幸いです。

 

ストレッチの注意点

○ストレッチは、無理のない範囲で行ってください。

○ストレッチ中、関節や筋肉が痛む場合には無理に行わないように注意してください。

○医師の指示で制限を受けている方は、その指示にしたがってください